子育てだけを生きがいにしないようにしよう

子育ては女性にとって幸せなこと、でも

子育てをするのに生きがいを感じている人は多いのではないでしょうか。しかし、子供が小さな頃はそれでいいのですが、子育てだけを自分の生きがいにしてしまわないように注意してください。なぜなら、子供は必ず大きくなり、やがて自立していくからです。もし、その時が来てもあなたが子育てだけを生きがいにしていたら、子供が自立してほしくないと思ってしまうかもしれません。それに、子供が自立した後に言いようのない喪失感を味わってしまったりします。

自分自身の夢を持つことを忘れずに

子供だけを生きがいにするのではなく、自分自身の夢を持つことがとても大切です。自分がこうなりたいという姿があれば、子供が巣立ってもそれほど喪失感を感じません。それに、夢に向かってイキイキと生きている姿は、ご主人や子供たちをも幸せにします。お母さんが楽しそうだと、家族もきっと楽しい気分になれるでしょう。そのためには、子供の頃から抱いている夢をあきらめないようにしてください。そうすれば、子供が自立した後も夢に向かって邁進することができるでしょう。

子供は母親の思い通りにはならないことが多い

今は小さくても、そのうち子供は自分の人生について考えるようになります。その時には、「あなたの好きなように生きていきなさい」と笑顔で言える母親になりたいですね。間違っても、子供を自分の物のようにして思い通りにさせようとしてはいけません。子供は、自立した一人の大人になるのですから、子供がしたいようにさせてあげるべきです。そして、あなたもその時が来たら自分自身のやりたいことを目指していく時期が来たのだと思いましょう。

主婦のパートについては一般的に「家計の足し」といったイメージがあります。しかし、それだけではなく、ご自身が本格的に社会復帰をされる時までのスキルアップをする過程のひとつであるといえます。