夜勤を選ぶ時のメリットとデメリットについて考えよう

夜勤は時給が高いのがメリット!

アルバイトを選ぶときには、給料はやはり気になるポイントですよね。日勤だとどうしても時給1,000円前後で頭打ちになりやすいですが、夜勤なら時給1,500円以上になることも少なくありません。これは、夜間の給料が通常の25%増しになること以外にも、日勤より人手が足りないことが背景にあります。できるだけ時給を高くして、人手を確保したい雇い先の思惑もあるので、その思惑に乗っかってみることもありですよ。1日で1万円以上稼ぐことも難しくはない夜勤は、すぐにお金がほしい人にとっては魅力的です。

生活リズムの調整に気を付けよう

夜勤はどうしても、通常寝るタイミングでバリバリ仕事をするので、生活リズムは崩れがちです。特に、連続で夜勤を入れると、睡眠不足が心配になります。もちろん、適度に休暇を挟むならばそこまで体力的な負担も大きくはないですが、季節の変わり目などは睡眠不足が原因で、風邪をこじらせたりすることもあるようです。しかし、仮眠を上手に取るなどの対策をすれば、体力を回復させやすくなりますし、数週間夜勤を適度に入れていると、生活リズムの逆転に成功したりします。なので、慣れるまで頑張ってみることもありですね。

夜勤で上手に稼いでいくためには

給与面の魅力が大きい夜勤は上手に活用して、少ない時間で高収入を図りたいですよね。なので、夜勤が初めてならば、まずは3日に1回くらいのペースでシフトを組めるような柔軟性のある職場を選ぶのがよいでしょう。勤務日数が少ないので、最初のほうは思ったほどの収入は得られませんが、そこからシフトを増やしていけば、睡眠不足の対処法なども身に付けられる上に自然と体力もついてきます。また、仮眠をとるタイミングなども定着してくるので、生活リズムを大きく崩す心配も少なくなりますよ。自分の体力と収入のバランスをうまく調整すれば、月に20万円以上を稼ぐことも夢ではありません。

コンビニのバイトは営業時間が長いので好きな時間帯に働くことが出来ます。夜間だと時給が上がったりと働く時間帯によってメリットもあります。