工場って実は高収入?軽作業から専門性の高い仕事まで!

工場のお仕事はニーズが高い

最近では他国に押され気味ではあるものの、日本がものづくり大国であることに変わりはありません。今も多くの工場が稼働しています。最近では機械が作業をすることも多くなってきていますが、やはりメンテナンスなどで人間の手はまだまだ必要とされています。機械では出来ない複雑な作業も多く、求人は非常に多いです。工業地帯にあることが多いので通いにくい分寮が用意されていて、短期の方を積極的に雇用している工場も多いです。

工場の仕事って一体何をするの?

各工場によって色々な作業が用意されています。流れてくる商品の中から傷の付いているものを避けて箱詰めをしたり、簡単な加工をしたり。流れ作業になっているところだけではなく、個人での作業が求められる場合もあります。半導体やガラスなど、細かな作業が必要になるケースもあります。逆に機械のメンテナンスや電源の管理だけで、後はグループで機械の状態を監視するといったわりと楽な内容のお仕事まで、さまざまな種類のものがあります。

工場のお給料ってぶっちゃけどうなの?

これは職種よりもエリアによって大きな差が出るところが多いです。大規模な工業地帯となると人手が足りないところが多いですし、人手の争奪戦になりますのでその分時給も高くなる傾向にあります。一方地方で住宅街の近くにあるような工場となると、最低時給に近い時給になってしまう場合もあります。ただし地方でも大手や大手の子会社が経営している工場となると、かなり高い賃金になるケースもあったりと差は大きいです。ただし、想像以上に高いと感じる方が多いですね。

工場の求人は同じ業種でも時期によって雇用期間や給与が異なるので応募の際には詳細の確認が不可欠です。特に繁忙期は大量生産をこなすために短期間の求人が増える傾向があるので慎重に判断します。